職員紹介

大崎荘




Tomoko Kikuda
菊田 智子

ケアワーカー
2014年入職
大崎荘のある沖浦で生まれ、育ち、そして今働いてます!


ケアワーカーとして2014年、特別養護老人ホーム大崎荘入職。これからも利用者の方にとって、この施設に入ってよかった。また入りたいと思ってもらえるような環境を作り、利用者一人ひとりに寄り添ったケアが出来るように頑張っていきたいと思います。

勤務地 特別養護老人ホーム大崎荘
入社年月日 2014年入職
取得資格 介護福祉士(2018年取得)

インタビュー


大崎福祉会に入職したきっかけを教えてください。

高校を卒業してからは島外に出ていましたが、私情の理由により大崎上島に帰ってきました。
そして島で仕事をするなら介護しかないと昔から思っていたので入職を決めました。


現在の仕事内容を教えてください。

私は、介護度が3~5の重度の利用者を対象に生活の援助を行っています。
また短期で利用される利用者も一緒に援助を行っています。
歩く事が出来ない方や話す事が出来ない方が多い中で、利用者にとって何がしたいのか、何をしてあげる事がいいのかを考え、利用者を尊重した援助を心掛けています。


大崎福祉会で働きはじめてどんな職場だと感じましたか?

運動会や祭りなど家族や地域の方、または学生とも交流が幅広く出来るイベントや行事が多い職場だと思いました。
また、施設の中でも先生を招いてお花を生けたり、習字を書いたりと利用者自身が楽しむ事が出来るクラブ活動もあって大変ではあるけど、とてもやりがいがある職場です。


ある日のスケジュール

月に9回休みがあります。有休もまあまあ取らせてもらっています。連休になると島の外に車で遊びに出ます。
シフトは7時からの早出、9時からの日勤、10時からの遅出、16時から翌朝までの夜勤があります。夜勤は月に4~6回です。




これからの目標を教えてください。

この施設に入ってよかった。また入りたいと思ってもらえるような環境を作り、利用者一人ひとりに寄り添ったケアが出来るように頑張っていきたいと思います。

前へ

生活支援員 藤本 健二
ページのTOPへ