bnr02
bnr03
bnr04
bnr05
bnr06
previous arrow
next arrow

最新のブログ

ふれあい工房のオリーブオイル販売中!

第2ふれあい工房 農作業班では オリーブを栽培しており、昨年はたくさんオリーブができ 1粒ずつ手作業で収穫しました。               そし[続きを読む]

@っとひろしま!つながるキャンペーンに参加

第2ふれあい工房 食品加工では このたび、広島県主催の「@っとひろしま!つながるキャンペーン」に レモンのお菓子セットで参加しました。 1月17日~2月12日までオンライン販売をしてます。 他の事業所の商品もたくさんあり[続きを読む]

サロンへの思いから学ぶ Vol.1

先日、ヘルパー訪問先のA様の入浴介助を終え片付けをして戻るとA様が何かを探しておられ、そのうちファイルや絵が描かれた紙の束がテーブルに並べられました。 以前に地区のサロンのお世話をされていた頃の綴りでした。 その日もサロ[続きを読む]

お知らせ

大崎福祉会の施設紹介
  • 特別養護老人ホーム大崎荘
  • 特別養護老人ホーム大崎美浜荘
  • 指定障害福祉サービス事業所ふれあい工房
  • 障がい者及び高齢者在宅サービス複合施設サポートおおさき

ごあいさつ

大崎福祉会は昭和63年、大崎上島など島嶼部でいち早く高齢化が進む中、地域初の特養 を開設しました。
それから35年の年月が経過し、今では介護サービスや障がい者支援等のサービスを4拠点で提供し、大崎上島町の福祉に必要な存在であると自負しています。
大崎上島町では、人口減少により高齢化「率」は高止まる中、 高齢者「人口」は減少が 始まっています。そのため大崎福祉会ができた頃とこれからのニーズは大きく違って来 ると思います。
SDGsが掲げる17の目標の内「すべての人に健康と福祉を」という目標は3つ目に上げられています。世界中が今、健康・福祉を重要と考えています。世界一高齢化が進んだ日本、その日本においても高齢化の先進地域である大崎上島町。そこで起こる健康・福祉の課題は、この先日本や世界に訪れる高齢化社会のお手本になると思います。高齢化はマイナスなイメージで思われますが、産業構造も変わる中、新たな取組やビジネスのチャンスとも考えられます。
これからも大崎福祉会は町の関係機関等と連携し、地域の変化するニーズに応える中心でありたいと願っています。

大崎福祉会理事長
藤原 貞弘
大崎福祉会の理念
  • 利用者の「その人らしさ」を引き出して、個人を尊重した生活の実現を目指します。
  • 住民のみなさんが、住み慣れた町で安心して暮らせるサービスを目指します。
  • 自分の家族が、また自分自身が、安心して利用できるサービスを目指します。
  • 職員が仕事を通じて心豊かな人間に成長できる職場を目指します。
ページのTOPへ