パルスオキシメーターって何? 何がわかるの?

新型コロナウイルスの感染拡大によって

テレビやネットなどでよく目にするパルスオキシメーター

実際に何をする機械なのか、何がわかる機械なのか知らない方も多いのではないでしょうか。

 

パルスオキシメーターとは

パルスオキシメーター(pulse oximeter)は、動脈血酸素飽和度(spo2)と脈拍数を

採血することなく指先などに光を当てることによって誰にでも簡単に測定することができる医療機器です。


パルスオキシメーターで何がわかる?

肺から取り込んだ酸素は赤血球に含まれるヘモグロビンと結合して全身に運ばれます。

動脈血酸素飽和度(spo2)とは心臓から全身に血液を送り出す動脈の中を流れている

赤血球に含まれるヘモグロビンの何%に酸素が結合しているかを表しています。

わかりやすく言うと「肺から酸素をどれくらい取り込めているか」を数値化したものです。

 

訪問看護では健康チェックの際に毎回spo2測定を行っています。

次へ

【ふれあい工房】9月の調理実習
ページのTOPへ